スケール分散薬剤を使用しないでスケール除去できます - 熱交換器には色んな種類が有ります

スケール分散薬剤を使用しないでスケール除去できます

スケールとは水中に溶けているカルシウムなどがボイラーなどの内側に付着したものを言います。


クリーンタワーなどの設備の冷却水、配管、コンプレッサー、冷凍機等の熱交換器部分の配管に厄介なスケールが付着するはずです。熱交換率の低下や電力消費が上昇して設備の安定稼働ができないなどで不良品が増加したり、設備が停止してメンテナンスによる生産効率が低下してしまいます。

スケール除去の情報検索ができます。

そればかりでなく配管内部洗浄のため設備停止をして配管内部を酸によおり洗浄をします。それにより設備そのものがダメージを受けるはずです。
スケール付着はダメージしかなく、スケール除去する機械を設置すれば循環水に電気分解することで循環水の質を変えてスケール除去してくれます。



スケール分散等の薬剤を使用していませんので、環境や健康に対して優しく処理剤に変わる次世代の水処理装置で、腐食由来成分を低減させる効果もあるはずです。



対象設備により電力削減省エネ効果も期待できます。
配管を放置しておくとみるみるうちに、スケールが付着して2ヶ月もたてば配管の穴が小さくなってしまうでしょう。

除去装置の設置方法は非常に簡単で40?と軽量でクレーンは必要ありません。

配管を切断する必要もなく、タンクの底の溜まり水や循環系の水槽などからホースで機械に循環水の一部を引き込みます。
機械の出水口からホースで給水の場所などにリターンします。
機械専用のバイパスを作り循環させることでスケール除去が可能です。