ヒートポンプは身近な場所で利用が行われています

空気中から熱を集めて、大きな熱エネルギーを作り出す技術をヒートポンプと呼びます。一般的にはオール電化住宅に利用が行われている給湯器の仕組みとして広まっていますが、エアコンや冷蔵庫など身近な電化製品にもヒートポンプ技術が採用されています。

ヒートポンプは省エネルギー化を可能にする技術とも言われていますが、これは使ったエネルギー以上の熱エネルギーを得られるからです。
大切なエネルギー源を有効活用する、二酸化炭素の排出量を削減するなどからも、地球環境保全に繋がります。


ちなみに、最新式の設備の場合、1のエネルギーで7のエネルギーを得る事が出来ると言われており、効率の高い製品が登場している事が分かります。

ヒートポンプの情報をご案内しているサイトです。

また、従来7のエネルギーを得るためには7に近いエネルギーが必要になっていた場合には、電気代の消費量がヒートポンプを採用する事で1/7の量に減るメリットもあるわけです。

エコキュートなどの場合も、深夜の電気を使いお湯を沸かす設備として利用する人は多いかと思われますが、エコキュートにもヒートポンプの設備が採用してあり、効率の高い給湯設備を実現しています。



また、リビングルームに設置を行う床暖房システムも、フローリング床の下に温水床暖房パネルを取り付ける、パネルに流すお湯を設備機器がお湯を作り出しているため、1のエネルギーで多くのお湯を沸かせる、少ないエネルギーで効率が良い床暖房システムを作り上げている事になります。